「所有する」から「共有する」時代へ。
カーシェアリングで合理的なカーライフを考えてみる。

整理術の一つに、対象を「使っているモノ」と「使っていないモノ」に分類し、「使っていないモノ」は思い切って処分するという考え方があります。初 めこそ戸惑いを感じるものの、処分する基準を使用頻度に絞っているため、整理後は驚くほどムダのない空間になります。また、「所有する」への執着をなくす ことで、金銭的に身軽になるケースもあります。

たとえば、クルマです。

ここ数年、一台のクルマを複数人で共有して使うカーシェアリングが注目を集めています。人気の秘密はズバリ、合理的であること。レンタカーよりも時 間的な融通が利くことや、リーズナブルな会費制度が魅力で、クルマの使用頻度が低い人には特にメリットがあります。また、マイカーを保持しないことは CO2の削減につながり、エコにも一役買うことができます。

ヨーロッパでは10年以上も前から定着しているサービスですが、日本ではまだまだメジャーとは言えません。そこで当サイトでは、カーシェアリングの 基本をみっちりと押さえたうえで、各社の料金体系やサービスプランなどを比較し、最もオススメの会社を決めてみたいと思います。

目次

基礎を学ぶ
ランキング・評価
サービスレビュー
より深く学ぶ
リンク集