オンラインDVDレンタルとは?メリット・デメリット

オンラインDVDレンタルは、DVDをネットで申し込んでレンタルできるサービスです。2005年前後からポピュラーなものになってきました。DVDだけでなく、ブルーレイ、CDも借りることができるのが普通です。

従来の、実店舗でのレンタルに比べると、自宅にいながらレンタルを申し込める手軽さや、延滞を気にしなくていいという点が大きなメリットです。一方で、宅配のため借りたものが届くタイムラグが発生します。メリット・デメリットをまとめると次のようになります。

実店舗のレンタル店オンラインDVDレンタル
メリット・観たいと思ったときにすぐに手に入る。
・おおむね貸出数に上限がない。
・レンタル期限(延滞制度)がないので、ゆっくり鑑賞できる。
・申込みがネットでできるので簡単。
デメリット・レンタル期限までに返却しないと延滞料金が発生する。
・貸出や返却のために実店舗まで行かなくてはならない。
・一度にレンタルできる数、ひと月内にレンタルできる数などに上限がある。
・宅配のため、申し込んでから届くまでに時間がかかる。
・定額制のため、レンタルできなかった月も課金されてしまう。

オンラインDVDレンタルの基本的なしくみ

実店舗のレンタルと、宅配レンタルとのもっとも大きな違いは、後者はいちどに借りられる数に上限があるかわりに、レンタル期限がないということです。

レンタル数の上限は、各社で、いくつかのプランが用意されており、プランに応じて月額制で課金されます。支払いは原則、クレジットカード決済で、毎月の引き落としとなります。実際に借りた数にかかわらず、料金は課金されます。つまり従量制ではなく定額制の会員サービスで、スポーツクラブのように入会した以上は利用しないと損になります。

レンタル利用の流れは次のようなものです。

(1)観たいDVDをリストアップする
会員登録すると、ネット上に自分が「観たいDVDのリスト」を作成できるようになります(リストは各社で呼び名が違い「マイリスト」「ウィッシュリスト」「レンタル候補リスト」などと言います)。各社のサイトで、DVDを選び、リストに加えていき、だいたい20タイトル程度までを登録して、順位づけをしておくことができるようになっています。

TSUTAYA DISCAS

※TSUTAYA DISCASの「予約リスト」画面。

(2)レンタル可能なDVDが発送される
リストは、自分が「観たい順」に順位づけして登録し、並べ替えておきます。リスト上で上位にあるものから順に、「実際に、今、貸出可能であるかどうか」(他の会員にレンタルされていて在庫がないなどということがないか)が判定され、貸出可能なものが発送されてきます。判定は1日にいちど、所定のタイミングで行われ、特に確認はなく勝手に発送が決定されます。

ここが自分で選んでカウンターまで持っていく実店舗とは違うところで、最初はとまどうかもしれません。人気作・新作は、レンタル希望者が多いため、レンタルできないということがありえます。そんなときはリストの次の作品に移るのですが、リストに登録がないと発送できる作品がないため、送られてこないことになります。そのため、リストにはつねに可能な限りの作品登録をしておき、かつ、借りにくいと思われるものを上位に設定しておく、ということが必要です。

(3)DVDが到着する
発送されたDVDが自宅に到着します。基本的には「2枚一組」で送られてきますが、プランによっては1枚ずつ発送されます。到着したDVDは、レンタル期限などなく、いつでも時間のあるときに自宅で鑑賞できます。ただし、借りているDVDを返却するまでは、次のレンタルはできません。

封筒
封筒

画像がTSUTAYA DISCASの発送封筒です。簡素な梱包でDVDをやりとりするのは若干、不安になりますが、どこの業者も同じような封筒で送られてくるところを見ると問題ない模様。

(4)DVDを返却する
DVDは郵送で返却します。「2枚一組」で送られた場合は、返却も「2枚一組」で返す必要があります。返却に別途送料などはかかりません。届いたときの封筒を、そのまま返却用封筒として利用することができるので、封筒に入れてポストに投函すればOKです。返却が完了すれば、リストにしたがって次のレンタル作品が決まり、次のものが発送されてきます。ただしプランによって月のレンタル上限に達している場合は、月がかわるまで発送されません。

封筒

画像のように、発送された封筒の宛名部分を切り取ると、返送先の宛名があらわれるので、封をしてそのまま投函できるしくみです。画像はTSUTAYA DISCASの封筒ですが、いずれの業者も同じ構造の封筒を使っています。

便利な機能やオプション

・シリーズものの順番発送機能
基本的にどこのサービスでも用意されている機能です。シリーズものの作品をリストに入れたとき、シリーズの順番を飛び越えて発送されないようにします。たとえばシリーズ第1作『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』と第2作の『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト』をリストに入れていて、「呪われた~」を上位にしている場合でも、「呪われた~」がレンタル不可の状態で、「デッドマン~」が可能な状態であれば、後者が先に発送されてしまいます。シリーズものの順番発送機能をONにしていれば、その場合は「デッドマン~」の発送を行わず、リストの次のタイトルに移りますので、シリーズの順番を守って観られるようになります。順番にはこだわらず、観られるものから観たい場合は機能をOFFにすれば問題ありません。

・特定作品の発送を待つ機能
TSUTAYA DISCAS、DMMなどで利用できる機能です(「ウェイト」などと呼ばれています)。リストの中の特定の作品がいちばん観たい、というとき、リストで1位にしていても、レンタル不可の場合は次の順位のものが発送されます。すると、そのすぐあとにレンタル可能状態になったとしても、別のタイトルが発送されたあとだとそれを返却するまで借りることができません。そこで、この機能で特定作品を指定しておくと、その作品がレンタル可能になるまですべての発送がストップするため、借りられるようになり次第、その作品が発送されるという機能です。

・特定作品を単発で借りる機能
基本的にどこのサービスでも用意されている機能です(「スポットレンタル」「単品レンタル」などと呼ばれます)。通常、オンラインDVDレンタルは月額課金の会費制ですが、それとは別に、別料金で特定のタイトルだけをレンタルする機能も持っています。この、単発のレンタルについては、現在利用中のプランのシステムにかかわりなく借りられるため、現在、レンタル中でまだ返却していない、あるいは今月は上限枚数まで借りてしまった、というときでも、観たいと思ったものを借りることができます。単発のレンタルについては、実店舗のレンタルのようにレンタル期限がありますので注意して下さい。

・レンタル数の繰り越し機能
たとえば月に4枚まで借りられるプランで申し込んでいても、今月は忙しくて2枚しか借りられなかった……という場合、借りなかった2枚ぶんを次月に繰り越し、次月は上限6枚まで借りられるようになるというしくみです。月ごとの上限枚数まで次月に繰り越しが可能です(つまり、まったく借りなかった月がひと月あれば、次月は上限枚数の2倍まで借りられることになります)。

・そのほかオプションサービス
DVDレンタルに会員登録すると、それとは別に各社が運営している動画配信サービスを利用できるようになるなどの特典が用意されていることがあります。

オンラインDVDレンタルに関する素朴な疑問Q&A

・入会の仕方は?
入会は非常に簡単で、ネットですべて完結します。原則、支払いはクレジットカードなので、カード情報を入力することで本人確認などを済ませています。入会すればすぐに利用をはじめることができます。

逆に、カード以外の支払いができる場合で、支払い方法がカードでない場合は、本人確認のための書類の送付が必要になることもあります。

・プランを変更したいときや、退会したいときは?
プラン変更や退会・休会もネット上で行うことができます。ただし、プラン変更がいつから適用されるかなどはサービス各社によって違いますのでよく確認しましょう。タイミングによっては現在のプランで課金されてしまうことがあります。

利用をヤメたい場合、利用をストップして課金されないかわりにいつでも復活ができる「休会」と、完全に登録を抹消する「退会」とがあります。退会してしまうと、個人情報等は削除されますが、過去の利用履歴なども消えてしまいます。また、各社とも、スポットレンタルだけを利用するプラン(月額課金ではなく、使っただけ支払う)がありますので、「あまり利用できないので月額課金をやめたい」というだけであればスポットプランへの変更で事足りる場合があります。

また、楽天レンタルは「楽天グループのサービスのひとつ」という位置づけなのため、「楽天レンタルのみの退会」はできず、どうしても退会したい場合は楽天ID(楽天市場など、他の楽天サービスでも使用します)自体の削除になってしまいます。

・クレジットカードを持っていないとダメ?
オンラインDVDレンタルは原則、カード支払いです。DMM.comでは「預かり金プラン」が用意されており、事前に銀行振り込みで入金しておき、月ごとに一定額の預り金を消費するという形のプランがあります。カード課金とは料金体系も異なりますので、公式サイトで確認してみて下さい。ほかに、ぽすれんでも銀行振り込みでの支払いができます。

また、携帯電話料金と合わせて引き落とせるところもあります。

・特典ディスクなどは借りられますか?
市販のDVDでは、本編ディスクとは別に、メイキングやインタビューなどを収めた「映像特典」のディスクがついていることがありますね。オンラインDVDレンタルでは、残念ながら映像特典のディスクはレンタルできません。同じ作品でもレンタルに使用されているのは市販のDVDとは別の製品です。

ただ、まれに、本編ディスクの中におまけのように特典が収録されている場合もあります。

・返却期限がないって……ずーっと借りててもいいの?
ずーっと借りててもOKです(笑)。ただし、返却しないと別のDVDを借りることができず、借りる・借りないにかかわらず月額料金は課金されるため、ずっと借りっぱなしだと損をすることになります。とはいえ「早く返さなくちゃ!」というプレッシャーがないのはいいですね。

・借りたDVDがうまく再生できないんだけど……
まれにDVDが傷ついているなどの理由で再生に不具合があることがあるようです。サービス元に申し出て下さい。

・借りたDVDをうっかりなくしちゃった/傷つけちゃったんだけど……
サービス元に申し出ましょう。事情に応じて個別に対応されるようですが、実費を負担しなくてはいけないこともあるようです。レンタル用のDVDは、同じタイトルでも市販のものより高価ですので、紛失や破損には気をつけましょう。

・返送用の封筒をなくしちゃったんですが、普通の封筒じゃダメ?
オンラインDVDレンタルでは、通常、届いたときの封筒をそのまま返却に使います。この封筒をなくしてしまった場合は、やむをえないので自分で封筒を用意し、かつ、返送用の送料を負担しなくてはなりません。返却先などは各社の公式サイトで確認できます。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>