学資保険は本当に必要なのか?

子供の教育にかかる費用を貯蓄・補助するという目的で良く利用されているのが学資保険です。ところが、この学資保険、誰にとっても必ずしも必要な保険ではありません。

子どもの教育費を積み立てたいと考えたとき、貯蓄だけを目的とするなら(利率は低いものの)定期預金で着実に行うという手もあります。学資保険と違い、経済的な理由で保険料の支払いを止めてもそれまで積み立てた額が戻ってきます。

また、医療保障等が付帯してくる保障型の学資保険は、他の生命保険や共済でカバーすることができます。既に他の保険に加入している人は、保障内容の重複に注意してください。

子育てのためのライフスタイルを想定し、金銭的にムリ・ムダのないプランで学資保険を利用したなら、返戻率の高い学資保険にも確かにメリットがあります。大切な事は学資保険のメリット・デメリットをきちんと踏まえながら、そもそも学資保険は必要か、必要ならばどの学資保険を選択するのかというのをきちんと考えることかと思います。

子どもはさまざまな可能性を秘めています。その可能性を拡げるのが教育であり、教育は親が子に与える生涯のプレゼントと言えます。

「愛するわが子が望む通りの教育環境を与えてあげたい」。

そんな親の想いをカタチにする学資保険を上手に活用できるよう、このサイトでは学資保険の基礎から応用までを分かりやすく解説しています。学資保険の本質を理解し、自分に適した保険会社・プラン選びの一助としてください。

返戻率の高さがモノを言う?学資保険を徹底比較