TOPより深く学ぶ > 引越しの挨拶

引越しの挨拶の方法と渡す物の相場|【 引越し業者・選び方まとめ 】

引越しの挨拶について

引越しの挨拶は必要?

新居に引越しをしたら、周囲の住人の方たちに引越しの挨拶をした方が良いと思います。

都会などでは、引越しの挨拶を必要としない風習が強くなっている傾向がありますが、地域のつながりが強い地域だと非常識に追われる可能性も0ではありません。

私の場合、挨拶はマナーというよりも、何か問題があった時に挨拶をしておいたら多少の問題は目を瞑ってもらえるという打算的な側面が強いです(笑)
最初にしっかりと挨拶をしておいて好印象をもたれて置くと、その後の生活も何かと円滑にいきます。

挨拶は、引越し当日か翌日までに挨拶に伺った方が良いでしょう。引越し直後は、挨拶に伺う絶好のタイミングですし、遅くなるとかえって挨拶に伺いにくくなってしまいます。

引越しの挨拶引越し直後だと、忙しかったり疲れていたりするかもしれませんが、新居でのご近所付き合いが円滑にいくように、もうひと頑張りして挨拶を済ませてしまいましょう。

挨拶に伺う範囲は、集合住宅ならば両隣りと上下階、一軒家ならば向かい三軒と両隣り程度の範囲でOKだと思います。普段、顔を合わせる範囲やお付き合いがある範囲と考えておけば良いでしょう。

挨拶の言葉も長々と話す必要はありません。これから、お世話になる旨と簡単な自己紹介さえしておけば問題ありません。挨拶のついでにどこから来たか、どういう仕事をしているか尋ねられるかもしれませんが、そういった時には差し支えない範囲で答えておきましょう。

人見知りの方など、突然挨拶に伺うのが苦手だという方は、ポストに挨拶状と挨拶の品を入れておくだけでも構いません。また、挨拶に伺ったけど留守だった場合にも、ポストに挨拶状と挨拶の品を入れておきましょう。

都会の、一人暮らしの人が多いマンションなどでは、直接伺っての挨拶はむしろ歓迎されない場合もあります。ですが、実際、住んでいる方がどんな考えの人かを事前に確認することはできないので、そういう場合も、ポストに挨拶状と品物を入れる形で、対面しなくても気持ちが伝わるようにするのがベターだと思います。

挨拶の品物はどんな物をいくらぐらいで用意する?

挨拶の品物は贈り物ではありますが、あくまで気持ちですので内容や金額にこだわる必要はないと思います。

挨拶のついでに、受け取ってもらう、使ってもらう、という品物ですので、あまりにも高価すぎたり立派すぎると挨拶に伺った家庭にかえって気を遣わせてしまいます。

相場としては500~1000円程度が平均かと。内容もタオルや石鹸などの実用品、クッキーや和菓子などのお菓子などが良いでしょう。

旧居の地域の名物や特産品などだと、会話もスムーズに進みますし、自己紹介代わりとなるので挨拶の品にはうってつけです。

お菓子が良いと紹介しましたが、生ものは絶対だめです!いつ食べるか、いつ開封するかは挨拶先のご家庭の都合によりますし、生ものだと、直接渡しそびれた場合などに困ってしまいます。

どうしても良い挨拶の品が見つからない場合には、ラップや洗剤、ティッシュなどの生活消耗品でも構いません。近くのスーパーなどで買ったものにキチンと包装をすれば、見栄えも良くなりますし、必ず使ってもらえますので喜ばれるのではないでしょうか。

挨拶の品物に頭を悩ませる方も多いかと思いますが、大事なのは気持ちですので、あまり深く考えずに気軽に使える品物、受け取ってもらえる品物を選びましょう。

引越し価格ガイドは複数の引越し業者に無料で一括見積もりをすることができるサイトです。厳選された100社以上の引越し業者から条件にあった引越し業者が見積もりを出します。

入力は数分で完了。簡単に引越し費用を比較することが出来るので、管理人も引越しの際は使っています。→無料一括見積もりで一番安い引越し業者を探す

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>