TOPより深く学ぶ > 引越しの段取り

引越しの段取り早見表【 準備から業者選定までを徹底解説 】

引越しの段取り

引越し1ヶ月前~1週間前までの流れ

新居が決まり、引越し予定日が決まったら、早速準備を開始しなくてはなりません。

大抵は、1ヶ月以上前に引越す事が分かっているかとは思いますが、仕事などの都合で引越す方などは、もっとギリギリの方もいるかもしれません。

ここでは、引越し1ヶ月前からの流れについて触れますが、もっと期間が短いという人は自分のケースにあてはめて考えてみてください。

まずは、旧居での退去申請が必要です。新居の入居予定日から逆算してちょうど1ヶ月前が理想です。理由は二重家賃の期間が短くなるからです。仕事の都合などによっては、必ずしも1ヶ月ちょうどで退去申請が出来ない場合もあるかもしれませんが、いずれにしても最低でも1ヶ月前までには退去手続きや入居手続きを済ませておきます。

入居日が決まったら、引越し会社へ見積もりを依頼します。複数の引越し会社の見積もりをとって、最も条件の良いところを選びましょう。

⇒管理人の引越し一括見積りサービス体験談

また、引越し業者が決まったら、持っていく荷物、処分する荷物を考えて新居のレイアウトなども考えておくと、引越しがスムーズに進みます。

お子さんがいる場合には、転校手続きをする必要があります。用意する書類や取り寄せる書類がいくつかありますので、これも引越しの1ヶ月前までに行っておくほうが良いでしょう。

荷物の梱包も引越しが決まったら、余裕を持って行うほうが良いでしょう。梱包している最中で処分したい物などが出てきたり、実家に送り返したりしたい物が出てくる事があるためです。ダンボールなどの梱包資材も、引越し会社と契約すれば、いつでも送ってもらえますので、なるべく早めに送ってもらい、計画的な梱包を心がけましょう。

引越しまで2週間を切ったら、各種手続きを忘れないうちに済ませておきましょう。電話やインターネットなどの通信関係の移転手続きから、住民票の転出手続き、電気、水道、ガスなどの停止手続きが必要です。

その他にも、銀行や保険、カード会社や新聞など、人によっては手続きしなくてはならない物が増えたりしますので、身の回りを確かめて手続き漏れがないようにしましょう。

引越し前日から当日までの流れ

荷物の梱包もあらかた片付き、いよいよ引越し前日となってもまだ気は抜けません。 前日までに用意する事や済ませておく事がたくさんあるからです。

まずは、身の回りを見渡してみて、忘れていることがないかどうか確認しましょう。各種手続きはもちろん、普段使っている物でも、引越し前日になればもう必要ない物もありますので、それらも忘れずに梱包しておく事が必要です。 

忘れがちなのが、洗濯機や冷蔵庫の水抜きです。水抜きを忘れると、冷蔵庫や洗濯機を持ち上げた途端に水がこぼれて部屋中水浸しという事態になりかねません。ですので、キチンと水抜きをして後は運ぶだけという状態にしておきましょう。

引越し会社に払うお金も前日までに用意して手元に置いておきましょう。見積もりを依頼していれば、引越し費用は大方把握出来ているはずですから、なるべくピッタリな額を用意しておいた方が防犯上安心です。

貴重品の管理も重要です。引越し時は荷物が溢れかえっていますので、混じってしまうと探すのが大変ですし、紛失してしまった際には一大事です。貴重品は自分が確実に管理出来る場所に保管するようにしましょう。

引越し当日になったら、荷物がどんどん搬出されていきます。無駄のない搬出が出来るように、キチンと指示が出せたり、引越し業者の人の質問に答えたり出来るように、荷物の場所などは把握しておきましょう。

搬出が終わったら、旧居の掃除をしなくてはなりません。掃除道具を間違って搬出してしまわないように手元に準備しておきましょう。

旧居の掃除や鍵の引渡しが終わったら、いよいよ新居での搬入です。

場合によっては、翌日以降になる場合もありますが、慌しいスケジュールになるのは間違いありませんから、体調管理に気をつけて、搬入時に差し支えないようにしましょう。

搬入や家具の設置が終わったら、引越し費用を清算して、一通りの引越し作業は終了します。この後も細かい荷物の荷解きなどが残っていますので、いち早く普段の生活に戻れるように、手際よく荷解きと片付けを行いましょう。

引越し段取りフローチャート

引越しまでの日程と作業をまとめたフローチャートを掲載しておきますので、参考にしてみて下さい。

中には、忘れやすい作業や手続きもありますので、個人のケースに合わせてチェックしておいた方が良いでしょう。

1ヶ月前まで 見積もり ・インターネット
・電話
どちらでも構いません。便利な方を選びましょう。
2週間前まで 引越し業者選定
荷物梱包開始
・相見積もりなどで、より良い条件の業者を選びましょう。
・引越し業者が決まったら、梱包材を送ってもらって梱包開始です。

計画的に無理のない梱包で、毎日の生活の負担を減らしましょう。

1週間前まで 各種手続きの確認 ・住民票の転出届、印鑑登録、国民健康保険など公共機関届出をまとめて行ってしまいましょう。
・不用品の処分も手続きしておきましょう。

前日まで 光熱関係手続き ・電気・ガス・水道などの停止日連絡、料金清算について確認しておきましょう。
・荷物の梱包や貴重品の取り扱いも忘れずにチェック!
当日 引越し作業の確認 ・引越し用トラックの駐車スペースを確保したり、積み忘れが無いように、荷物の数や内容を確認しておきましょう。
・支払う引越し費用も封筒に入れて用意しておきます。
引越し後 搬入・荷解き ・新居のどこに荷物や家具を運んでもらうかキチンと指示出来るように、あらかじめレイアウトを考えておきましょう。
・すぐに使う物から荷解きしていきましょう。

引越し価格ガイドは複数の引越し業者に無料で一括見積もりをすることができるサイトです。厳選された100社以上の引越し業者から条件にあった引越し業者が見積もりを出します。

入力は数分で完了。簡単に引越し費用を比較することが出来るので、管理人も引越しの際は使っています。→無料一括見積もりで一番安い引越し業者を探す

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>