TOPより深く学ぶ > 荷造りのコツ

引越し荷造りのコツ

引越し荷造りのコツ

家具を梱包するコツ

梱包が上手に出来るか出来ないかで引越しの効率は大きく異なってきます。

引越しに慣れている人だと、問題なくスイスイ梱包出来ますが、不慣れな人だと、何をどう梱包すれば良いのか分からず、戸惑ってしまう事も多いでしょう。

そこで、ここでは荷物を梱包するコツを種類別にまとめてみます。

まずは、家具類についてですが、棚や引き出しが付いているものからは必ず中身を出しておきましょう。特に、コワレモノがしまってあるタンスや鏡台などからは忘れずに中身を出して、ダンボールなどに梱包しておく必要があります。

また、棚や引き出しが輸送中にとれてしまわないように固定しておく事が大切です。固定する場合には紐やテープを使うと良いでしょう。テープを使う際には、粘着力が弱い物を使わないと、糊の痕が残ってしまったり、塗装が剥げてしまったりしますので気をつけましょう。

鏡台や食器棚など、ワレモノが含まれている家具は鏡部やガラス部を取り外して、別に梱包した方が安全です。鏡やガラスの梱包はダンボールで挟んだり、バスタオルでくるんだりすれば大丈夫です。運ぶ際にワレモノと分かるように目印をつけたり、表面に書いておいたりすると万全です。

ベッドなど、分解して運ぶものは、部品がなくなってしまわないように、一つの箱などにしまっておきましょう。良く、ネジなどを袋に入れて、ベッドの脚にガムテープで貼って運ぶ人がいますが、運んでいる最中にビニール袋がやぶれたりすると紛失の原因になってしまいますので、キチンとダンボール箱にしまうようにした方がベストです。

布団を運ぶ際には、布団袋にしまって運ぶのが一番ですが、ない場合には風呂敷やシーツにくるんで運んでも問題ありません。要は、布団が剥き出しにならなければよいので、大きなダンボール箱があればその中にしまっても構いません。引越し会社によっては、布団袋をレンタルしてくれたり、使い捨ての紙製布団袋をサービスしてくれるところもありますので、聞いてみると良いでしょう。

布団を梱包する際に、気を付けて欲しいのが、布団の中に他の荷物を入れない事です。布団にくるむとショックから守られますので、精密機器などを入れる方がいるようですが、これはやめましょう。

なぜなら、引越し業者の人は布団をトラックに積む際に、一番上に積むからです。つまり、布団ならば高いところから落ちても壊れたりしませんし、多少衝撃が加わっても問題ないからです。なので、布団の中に何かしまってあると、思わぬ衝撃が加わって中の荷物が破損してしまうおそれが出てくるのです。

家具の梱包というと難しいようですが、コツさえ掴めば手際よく進められます。

家電を梱包するコツ

テレビや冷蔵庫など大型の家電は引越し業者さんが梱包してくれますので、問題ありませんが、梱包しやすいように、テレビならば付属している配線は全て抜いてまとめておく、冷蔵庫は中身をカラにして水抜きをしておく事を忘れないようにしましょう。

ビデオやコンポなどの小型家電は、買った際の箱に入れて運ぶのが最も安全ですが、箱を捨ててしまった場合には、エアーシートで何重にもくるんで運びましょう。エアーシートが引越し会社からもらえなかった場合には、毛布やバスタオルなどで充分にくるんでおきます。

パソコンなどの精密機器を梱包する場合にも、買ってきた箱に入れるのが一番です。箱がない場合には、エアーシートやバスタオルなどで、ショックから守られる充分な梱包をしましょう。また、パソコン本体やディスクドライブなどは振動に弱いので、ダンボールにしまう際には、隙間が出来ないように箱のあいた部分に新聞紙など緩衝材がわりになるものをキチンと詰め込みましょう。

家電の梱包に手を抜いて壊れてしまうと、トラブルの元になりかねませんので、時間を掛けて慎重に梱包しておきましょう。

その他の荷物を梱包するコツ

小物や雑貨を梱包する際は、種類別にまとめて梱包すると効率的です。例えば、コワレモノをまとめたダンボール、それ以外を梱包したダンボールなどです。

このように分けておけば、コワレモノを梱包する手間が少なくなりますし、それ以外の梱包はとりあえず箱にしまっておくだけで良いからです。

本を梱包する際には、小さな箱にしまうようにしましょう。あまりに大きな箱に本をいっぱい詰め込むと、重過ぎて運べなくなりますし、箱が壊れてしまう可能性もあります。

多少箱の量が増えたとしても、運びやすい方が引越し作業自体は楽になりますので、本をしまう際は小さな箱を選ぶように心がけましょう。

植木や鉢植えを運ぶ際には、水が垂れてこないか確認してからフタの開いたダンボール箱にしまいましょう。水が出てきてしまう場合にはビニール袋で底を覆うなどしてからダンボール箱に入れます。

スキー板や自転車など、大きな荷物は梱包しなくてもそのまま運んでくれます。場合によっては、角などの破損しやすい部分にダンボールやエアーシートをあてがう事もありますが、その場合には引越し業者さんの指示に従いましょう。

その他、梱包しにくい物や運びにくい物がある場合には、その都度引越し業者さんに相談してみた方が良いでしょう。

引越しの際には、一括見積りを利用しよう!

引越し一括見積りサービスを使う際の注意点や、おすすめサイトをまとめました!

⇒管理人の引越し一括見積りサービス体験談

引越し価格ガイドは複数の引越し業者に無料で一括見積もりをすることができるサイトです。厳選された100社以上の引越し業者から条件にあった引越し業者が見積もりを出します。

入力は数分で完了。簡単に引越し費用を比較することが出来るので、管理人も引越しの際は使っています。→無料一括見積もりで一番安い引越し業者を探す

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>