TOPより深く学ぶ > 部屋の掃除はどこまで?

部屋の掃除はどこまで?|【 引越し業者・選び方まとめ 】

部屋の掃除はどこまで?

部屋の掃除はどこまで?~水回りのお掃除編~

旧居から荷物の搬出が終わったら手際よく掃除を始めましょう。

今までお世話になった家を、最後にキレイにすれば気持ち良く退去出来ます。

まずは、時間が掛かる水回りの掃除から始めましょう。

水回りの掃除で大変なのは、キッチンやシンクの汚れ落としです。水垢や油汚れは落ちにくいので、専用の強力な洗剤を用意してこすっていくのが良いでしょう。

汚れ方によっては、痕が残ってしまったり、完全に落ちきらない場合もあるかもしれませんが、不動産会社のクリーニングが入りますので、あまり神経質に掃除にこだわる必要はありません。

キッチンの掃除が終わったら、お風呂場の掃除もしておきましょう。水回りでも掃除が大変な場所ですので、時間を掛ける必要があります。

カビや水垢など、黒ずんでいて落ちにくい汚れはカビ取り剤を付け置きするなどの工夫をしましょう。

お風呂場も不動産会社のクリーニングが入る場合が多いですので、汚れが落ちきらない場合でもあまり心配せずに最低限の掃除だけでも済むようにしておきましょう。

水回りの掃除は厄介ですが、ここの掃除が終われば掃除の大変な部分はほとんど終わったのも同然ですので、張り切って掃除してしまいましょう。

部屋の掃除はどこまで?~部屋の掃除編~

部屋をキレイに掃除をしておけば、敷金清算などの際にも有利になりますので、しっかり掃除する事は欠かせません。

壁や床、天井の掃除は必要最低限で構いません。人が住んでいた部屋ですから、どうしても汚れが残ってしまうのは仕方ありません。埃や汚れなど、目に見える汚れや目立つ汚れを落としておけば良いでしょう。

カビやヤニなどの汚れは雑巾などの拭き掃除では落ちませんから、洗剤などを吹き付けて落としてみましょう。落ちない場合には壁の張り替えや不動産会社のクリーニングにお願いするしかありません。

忘れがちなのが、窓まわりの掃除です。特に、部屋の外の部分にあたる窓の回りはくもの巣などが張りやすい場所ですので、忘れずに掃除しましょう。

窓まわりの掃除のついでにベランダを掃除しておきましょう。デッキブラシなどでベランダを掛けられれば一番良いですが、そこまで出来ない場合には、ほうきなどで掃くだけでも構いません。

掃除にあまり時間を掛けすぎると、後々のスケジュールにも影響を与えてしまいますので、手際良く効率を優先して、時間を無駄にしないように掃除しましょう。

掃除をしないと敷金は返してもらえない?

以上、述べてきた退去時の掃除については、どちらかというとマナー・エチケット的な観点から行うと良いだろうというものです。退去の際に、誰もが気になる敷金の返還についてですが、掃除をしなかったからといって敷金がまったく返ってこないというものではありません。

反対に、「掃除をしたって、敷金なんてほとんど返してもらえないんじゃないの?」と思っている人もいるかもしれませんね。たしかに、敷金返還をめぐるトラブルは少なくないようです。

敷金は、退去のときに、部屋が汚れている箇所や傷んだ箇所を清掃・修繕するための費用として引かれるというイメージが強いものですが、これは、通常の使用(生活)の範囲を超える汚れや破損であるとか、借主側の過失、部屋を改造するなどあきらかな変化が加わっている場合に適用されるものです。よく「原状回復」のための費用として、という言い方がされると思いますが、この「原状回復」とは、「借りた時の状態に戻すことではない」ことは、公的にも確認されています

国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/genzyokaifuku.htm

住まいは、人が生活していれば傷んでいくのは自然なことなので、この自然な傷みについては、借主の責任ではないとするのが法律的にも正しいことなのです。上記のガイドラインでは、借主の責任割合はむしろ時間経過とともに減っていくことが示されています。時間が経てば住まいは自然と傷んでいくものだからです。

とはいえ、現実的には、賃貸契約書に特約があるなどして、一般的な暮らし方しかしてこなかったとしても敷金の一部が戻ってこないというケースはよくあります。ある程度は習慣的なものもありますが、まったく返還されないということはないでしょう。上記のガイドラインをもとに考えると、6年以上住んだ場合、借主側に過失や落ち度がなければ、9割は返還されるべきということになっています。

敷金返還に関するトラブルなどの相談は、国土交通省や関係団体で受け付けてくれます。

賃貸住宅に係る相談・情報提供窓口一覧

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/madoguchi.htm

もっとも、争えばいいというものでもありません。借主に過失がある場合ももちろんありますし、敷金の返還額が少ないと感じたら、まずは、何のために敷金が引かれたのかを確認し、冷静に話し合う態度が大切です。入居時に契約書をよく確認する、最初からあった傷などは写真に撮っておくなど、借主が自衛できることもあるので、次の教訓とすることもできるでしょう。

まとめますと、すでに述べたように、退去の際に大家さんがチェックをするとき、キレイに掃除されていればそれだけで印象は違います。その意味で、退去時には、一般的な範囲で掃除はしたほうがいいですし、反対に、業者を呼んでまでのクリーニングなどは原則として不要です。敷金の返還額はそれとは関係がなく、返還額が非常に少ないと感じた場合は、大家さんに詳細を問い合わせ、必要に応じて関係機関にも相談したほうがいいこともあります。

引越し価格ガイドは複数の引越し業者に無料で一括見積もりをすることができるサイトです。厳選された100社以上の引越し業者から条件にあった引越し業者が見積もりを出します。

入力は数分で完了。簡単に引越し費用を比較することが出来るので、管理人も引越しの際は使っています。→無料一括見積もりで一番安い引越し業者を探す

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>