TOPより深く学ぶ > ドライバー保険に入るメリットは?

ドライバー保険に入るメリットは?

ドライバー保険ドライバー保険とは、おおざっぱに言うと車を持っていない人が入る自動車保険です。

通常の自動車保険が、車に保険がかかっていて、誰が運転しても(運転者条件の範囲であれば)補償されるように、ドライバー保険はその名のとおりドライバー、つまり運転する人のほうに保険がかかっていて、その人が運転するならどんな車でも補償されます。

そのため、自分で車を持っていないが、人に借りたり、レンタカーを利用したりして、運転する機会があるという人が使用する保険となります。自動車保険とはいくつかの点で違いがあります。

ドライバー保険と自動車保険の違い

まず補償内容は対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害保険です。車両保険はありません。

年齢条件は21歳未満・21歳以上の2種類だけです。

気をつけたい点としては、

・親族が所有している車

・会社名義の車や業務中の事故

は補償されないということです。

親族所有や会社所有の車については、その車の自動車保険を利用することになります。

ドライバー保険を使うメリット

通常、ほとんどどんな車にでも任意保険はかかっているでしょうから、運転者条件などの範囲でそれが使えるのならドライバー保険はいらないのでは?と思うかもしれません。補償の面では、たしかに車についている保険でまかなえるでしょう。

ただし、事故を起こしてしまった場合、その車の保険の等級が下がってしまいます。他人の車で事故を起こしたというだけでも申し訳ないのに、等級まで下げてしまったということで、さらに肩身の狭い思いをしてしまうことになります。ドライバー保険があれば、少なくともその点だけは回避することができます。

また、最近は、ドライバー保険に加入していて、事故を起こさずにいた場合、将来、同じ保険会社の自動車保険に入るときに高い等級で加入することが可能になっています。自動車保険の等級引継ぎと同じようなことが、ドライバー保険と自動車保険の間で行えるわけです。

ドライバー保険に入らず、借りている車の任意保険だけだと、あらためて自分の車を持って保険に入ろうとしたときに、初期の等級からのスタートとなります。なので、今はまだ自分の車を持っていないので、借りて運転しているけれども、将来は自分の車を持ちたい、という予定の場合、ドライバー保険に加入しておくと有利になる可能性があるわけです。

管理人のおすすめピックアップ
今回、自動車保険会社14社から、ほぼ同じ補償内容にして実際に見積もりをとったところ、一番高い保険会社と安い保険会社で、191,790円もの保険料の差が出ました。自動車保険の見直し・新規契約の際には保険会社の一括見積もりがおすすめです。
保険見積もりサイト「インズウェブ」では、最大20社からの一括見積もりと、自動車保険一括見積り請求でもれなく500円分のマックカードをプレゼントしています。
 

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>