TOPより深く学ぶ > 海外で車を運転する場合、自動車保険はどうなる?

海外で車を運転する場合、自動車保険はどうなる?

海外で車を運転する場合

海外で運転することになった場合、自動車保険はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、日本で加入した任意保険は、原則として海外では機能しません。保険は予測されるリスクにもとづいて保険料などが設計されている商品です。通常の任意保険は日本国内で運転した場合を想定しているので、海外で運転する場合のリスクは計算に入っていません。そのため、海外で運転をして起こった事故は保険の対象外となっています。

ではどうすればよいかと言うと、方法としてはふたとおりあります。

(1)海外旅行保険に自動車運転の特約などをつける

(2)海外で現地の自動車保険に入る

多くの海外旅行保険に、車を運転する場合の補償内容を盛り込んだオプションをつけることが可能です。渡航前に日本で保険に加入する際に手続きをすればいいので、この方法がもっとも簡単です。ちなみに、事故に遭った場合のケガの治療費については、運転の特約をつけていなくても、通常の海外旅行保険の補償の範囲内ですし、日本で入っている医療保険も、限定的に使用できる場合もあります。

運転の特約をつけるのは、あくまでも対人・対物賠償のためのものということです。

海外で現地の保険と入る方法もあります。外国で保険に入るなんて難しそうに思えますが、そもそも海外での運転というのは、だいたいは現地のレンタカーを運転するというシチュエーションになるでしょう。その場合、レンタカーにはもとから保険がかけられていることがほとんどなので、レンタカーの手続きと同時に保険にも入ることができます。なので、あまり心配する必要はありません。

なお、長期の海外赴任などのために、日本で乗っている自分の車を海外に送って、地で運転するという場合も、日本で入っている任意保険は効きません。この場合はレンタカー会社で借りる手続きと一緒に入るということができないので、自分で現地の任意保険に入る必要があります。日本から韓国へ、フェリーで車ごと渡航するということができますが、韓国に上陸した時点で保険の手続きができるようになっています。

※なお、保険の問題とは別に、海外で車を運転するためには国際免許取得の手続きが必要です。

海外の任意保険の名称と種類

海外でレンタカーを借りるときなどによく聞く保険の名称になじんでおくと、理解がスムーズになります。地域によって名称が異なることがあって複雑なのですが、代表的なものを紹介しておきます。

LP

LPは、レンタカーの料金にあらかじめ含まれている保険で、自賠責保険的なものだと理解して下さい。補償額は地域によって異なります(米国では州ごとに違います)。ヨーロッパでは対人賠償無制限なのですが、たとえばハワイなどでは対人2万ドルまでとなり、少ないため、追加で以下の任意保険をかけるのが通例です。

SLI、LSI

LPの補償額をアップするための保険です。

LDW、CDW

車両保険にあたるもので、事故による車の破損のほか、盗難なども補償されます(ヨーロッパ地域で提供されているCDWは、盗難は対象外)。

PAE、PAI、PPP

ドライバーと同乗者のケガの治療費を補償します。PAE、PPPには所持品の盗難補償も含まれます。これらの補償は一般の海外旅行保険やクレジットカードの付帯保険でも補償されますので、補償額などを比較して検討すると良いでしょう。

TP

車両の盗難を補償する保険です。ヨーロッパ地域では車両保険(CDW)に盗難補償が含まれないため、この保険を追加してカバーします。

最近は、日本からネットなどで海外のレンタカーを予約しておくことができます。その場合、LDWなどはあらかじめセットされていることが多いようです。細かく調整することはできませんが、海外での事故はなにかと大変ですので、フルスペックでつけておいても心配しすぎということはないでしょう。海外でのアクシデントの可能性を甘く見ないで備えておくことをおすすめします。

管理人のおすすめピックアップ
今回、自動車保険会社14社から、ほぼ同じ補償内容にして実際に見積もりをとったところ、一番高い保険会社と安い保険会社で、191,790円もの保険料の差が出ました。自動車保険の見直し・新規契約の際には保険会社の一括見積もりがおすすめです。
保険見積もりサイト「インズウェブ」では、最大20社からの一括見積もりと、自動車保険一括見積り請求でもれなく500円分のマックカードをプレゼントしています。
 

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>