TOPより深く学ぶ > 誰かに車を貸し借りする場合、保険はどうなる?

誰かに車を貸し借りする場合、保険はどうなる?

友人・知人と、一時的に車を貸し借りすることもあるでしょう。レンタカーなら必ず保険がついていますが、個人から借りた車の場合はどうなるのでしょうか。

もしも借りて運転した車で事故を起こしたらどうなる?

もしも借りて運転した車で事故を起こしたらどうなる?

 

上図のように、借りた車で起こした事故の補償は、次の3つの対処法があります。

・車の借り主が入っている任意保険を使う

・車の借り主が入っているドライバー保険を使う

・車の持ち主が入っている任意保険を使う

それぞれの特徴や注意点を順番に見ていきましょう。

車の借り主が入っている任意保険を使う

借り主も自分の車を持っていて、任意保険を入っているなら、その保険に「他車運転危険特約」がついているか確認してみましょう。

他車運転危険特約は、保険の対象になっている車とは別の車であっても、保険契約者が運転していた車であれば、契約している車と同じとみなして補償が受けられるというものです。特約ですが、一般的な自動車保険には付帯していることが多いので、自分の契約を確認してみて下さい。ついていれば、追加の手続きの必要なく友人の車を借りることができますね。

車の借り主が入っているドライバー保険を使う

借り主が車を持っていない場合は、任意保険の特約を使う手は使えません。しかし、実際には車を持っていないからこそ車を借りる機会があるのでしょう。そんなときのためにドライバー保険というものがあります。ドライバー保険は車を持っていないが運転の機会がある人が、事故に備えるための保険です。詳しくは以下の記事を参考にしてみて下さい。

ドライバー保険に入るメリットは?

車の持ち主が入っている任意保険を使う

運転する車にすでに保険がかかっていて、誰が運転しても良いものであれば、その保険で対応することができます。

問題は、家族限定・夫婦限定・本人限定など、運転者を限定したり、年齢条件が設定されたりしている場合です。この場合、条件から外れる人が運転すると保険が機能しません。そのため、一時的に運転者条件を変更するという方法があります。

運転者条件は、1か月単位で変えることができますが、家族限定から限定なしに変えるなどすると、そのぶん保険料は上がります。この差額分を借り主が負担するのが実際的でしょう。ただし、車の持ち主が手続きをしなければならないため、借り主からすると、貸してくれる人に手間をかけさせてしまったり、万一事故があった場合に、借りた車の保険等級が下がってしまったりというデメリットがあります。

まとめ:車を借りる場合のベストな方法は?

車を借りることになった場合、借りる人が任意保険(他車運転危険特約つき)またはドライバー保険に入っているなら、それらを使えるので問題ないでしょう。

借りる人が保険に入っていなかった場合には、借りる車の保険を使わせてもらうか、借りる人が新たにドライバー保険などに入るかという選択になります。前者の方法は貸してくれる側にも負担をかけてしまうことがあるのがネックです。後者の方法は、手続きがあってすぐにというわけにはいきませんし、たった1回借りるだけという場合は、そのためだけに入るのも現実的ではありません。

持ち主の任意保険が運転者条件などを変更しないですむのなら、そのまま使わせてもらうのが手続き的にはスムーズなのですが、最終的な判断は、借りる人と貸してくれる人との関係性などにもよるでしょう。それならいっそレンタカーにしたほうが気を使わなくて済むという判断になるかもしれませんね。

管理人のおすすめピックアップ
今回、自動車保険会社14社から、ほぼ同じ補償内容にして実際に見積もりをとったところ、一番高い保険会社と安い保険会社で、191,790円もの保険料の差が出ました。自動車保険の見直し・新規契約の際には保険会社の一括見積もりがおすすめです。
保険見積もりサイト「インズウェブ」では、最大20社からの一括見積もりと、自動車保険一括見積り請求でもれなく500円分のマックカードをプレゼントしています。
 

Comments

コメントは受け付けていません。