TOPより深く学ぶ > 料金の支払い方で任意保険は安くなることがあるって本当?

料金の支払い方で任意保険は安くなることがあるって本当?

保険料の支払い方法は一括か月払い

料金の支払い方

自賠責保険の保険料は一括で支払うのが原則ですが、任意保険については、一括のほかに月払いも可能です。

ただし、月払いの場合は、一括払いの保険料額を単純に分割しただけではなく、若干の割り増し料金になってしまいます。一般的には5%程度の割増しです。ですので、一括支払いが可能なら、一括で支払うほうがトクだと言えるでしょう。

支払い方法は保険会社によって異なりますが、ほとんどの場合、銀行振り込みかクレジットカード支払いです。月払いはカード支払いでの取り扱いになることが多いでしょう。口座引き落としにしてくれる保険会社もありますが、ダイレクト系の会社は口座引き落としに対応していないことが多いようです。口座引き落としをするためには保険会社から金融機関への依頼が必要で、事務処理をできるだけ効率的にすることで保険料を抑えているダイレクト系保険会社にはハードルが高いようです。

保険料を口座引き落としにする場合は残高不足で引き落とされないということのないよう注意しましょう。2回続けて引き落としができないと保険が失効することもあります。そのとき、最後に引き落としができた月にさかのぼって補償期間が終わってしまいます。

長期契約のメリットとデメリット

また、保険会社によっては2~3年分をまとめて支払う長期契約が可能な場合もあります。

まとめて支払うとそのぶん割引になるかというと、これは必ずしもそうとは言えないようです。しかし、長期契約には保険料以外の点でメリットがあります。それは、契約期間中に事故を起こした場合でも、契約期間中の保険料については変わらないということです。

たとえば保険に入り、1年目で事故を起こしてしまうと、2年目に更新するときは保険料が高くなってしまうのが普通です。このとき、3年間の長期契約をしていると、1年目で事故を起こしたとしても3年目の契約期間が過ぎるまでは保険料は上がりません。

また、1年ごとの更新の手続きが不要になるというメリットもあります。

反対に、1年ごとに見直してもっと安い保険を探すということもできなくなります(途中で解約することはもちろん可能ですが、解約返戻金は残り期間分がまるまる返ってくるわけではありません)ので、長期契約をする場合は、本当にその料金でよいのかをよく見極める必要があります。

管理人のおすすめピックアップ
今回、自動車保険会社14社から、ほぼ同じ補償内容にして実際に見積もりをとったところ、一番高い保険会社と安い保険会社で、191,790円もの保険料の差が出ました。自動車保険の見直し・新規契約の際には保険会社の一括見積もりがおすすめです。
保険見積もりサイト「インズウェブ」では、最大20社からの一括見積もりと、自動車保険一括見積り請求でもれなく500円分のマックカードをプレゼントしています。
 

Comments

コメントは受け付けていません。