TOP個別レビュー > チューリッヒ

チューリッヒ自動車保険のレビュー

管理人の総評・レビュー

総合評価3点


グラフ


事故対応 (未評価)
コールセンターの対応 3点
ロードサービス 5点
保険料(コストパフォーマンス) 3点
支払いなどの事務手続き (未評価)

管理人の総評

総合評価3点

チューリッヒも、ダイレクト型の保険としてはよく聞く社名ですが、保険料はさほど安いものではないようです。

ですがロードサービスの充実度が非常に高いのは間違いないでしょう。コールセンターの印象などからはいざというときの事故対応に不安が残りますが、よく車を利用する人で、ロードサービスの充実度を重視したうえで、そこそこのリーズナブルさをもとめる場合、チューリッヒは選択肢に入ってくると思います。

ロードサービスを重視しないのであれば、チューリッヒのメリットを生かせないので、他で選んでもよいでしょう。

事故対応(未評価)

現在調査中です。

事故対応
事故受付窓口の対応時間 365日24時間
初期対応に関する特記事項
ネットでの事故受付
担当者の訪問・面談 特に記載なし
事故対応の体制 1チームで担当

コールセンターの対応3点

電話をして保険内容について質問してみました。フリーダイヤルですが携帯からもかけることができました。平日の17時頃にかけ、すぐにつながりました。

「年式の古い車に車両保険はつけられないのか?(見積もりシミュレーションでつけられなかったので)」と質問してみました。「確認します」ということで、少し保留にされたあと、「ネットでの見積もりはできないのですが、個別にお見積りすることは可能です」という回答でした。「ただし、その場合、お申込みは書類か電話になりますので、ネットでの割引は適用されません」とも。

オペレーターさんの話し方が、あまり明るい印象を受けませんでした。古い車だと車両保険はつけられないのか?と質問しただけなのですが、「古い車だけど車両保険をつけたい」と受け取られたのか、「つけられるけど、ネット割引は受けられない」という趣旨の回答をされ、クレームにならないよう先回りして注意点を話しているような気がしてしまったのは穿ちすぎでしょうか?

ロードサービス5点

「業界最高レベル」を謳っているチューリッヒのロードサービスですが、内容はたしかに充実したものです。レッカーサービスの無料距離は100kmですし、宿泊費サポートの限度額なし、修理はかかった時間に関係なく無料、など、他社では制限を設けている部分も無制限であり、安心感があります。

ロードサービス
レッカーサービスの無料距離 100kmまで無料
給油サービス 10リットルまで無料
事故の際の宿泊費・交通費 1泊の宿泊費用を車検証記載の定員数まで限度額なしで支給。 トラブル現場から自宅または目的地までの交通費を限度額なしで支給。
GPS位置確認サービス
その他対応可能なロードサービス キー閉じ込み/脱輪引き上げ/スペアタイヤ交換/ジャンピング作業/オイル漏れ点検/冷却水補充/各種バルブ、ヒューズの取り替え/ボルトの締めつけ/サイドブレーキの固着解除

保険料(コストパフォーマンス)3点

チューリッヒのサイトにある見積もりは、自分と車の情報を入力すると3パターンのプランを提案してくれるしくみです。その後、補償内容を変えて見積もりを出すこともできます。

下記の条件を入力してみました。
======
男性37歳/免許証の色:ブルー
家族(30歳)・家族以外も運転する
ホンダ オデッセイ(初年度登録平成12年)
======
提示されたうち、リーズナブルなものとされているのは下記のような内容です。

対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 2000万円
搭乗者傷害保険 1000万円
人身傷害補償特約 なし
無保険車障害保険 2億円
自損事故保険 1500万円
車両保険 なし
その他特約・割引等 インターネット割引

証券不要割引
保険料 一括193,860円/年

ダイレクト型の保険会社としては料金は高いと思います。
今回の条件で、ネットの見積りでは車両保険はつけられなかったのですが、コールセンターの対応によると書面での申し込みなら契約できるようです。ただその場合、ネット割引が適用されないので、車両保険以外の部分も上記より高くなるとか……。

保険料
割引制度 走行距離割引/ネット申込割引/電子証券割引/ゴールド免許割引/新車割引/エコカー割引/早割
支払い方法 クレジットカード払い、コンビニエンスストア払込、銀行振込、口座振替(電話申し込みの場合のみ)

支払いなどの事務手続き(未評価)

現在調査中です。

保険会社に関する詳細情報

企業情報
設立年 1986年
ソルベンシーマージン比率 696.8%( 2011年6月)
S&P格付(2011年10月) A1
ムーディーズ格付(2011年10月)
管理人のおすすめピックアップ
今回、自動車保険会社14社から、ほぼ同じ補償内容にして実際に見積もりをとったところ、一番高い保険会社と安い保険会社で、191,790円もの保険料の差が出ました。自動車保険の見直し・新規契約の際には保険会社の一括見積もりがおすすめです。
保険見積もりサイト「インズウェブ」では、最大20社からの一括見積もりと、自動車保険一括見積り請求でもれなく500円分のマックカードをプレゼントしています。
 

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>