火災保険のおすすめ保険会社は?火災保険ランキング

火災保険は、生命保険のように複数加入しても意味がありませんので、どこかひとつの保険会社の商品を選ぶことになります(建物と家財を別の保険会社にするという入り方はありえます)。いろいろある火災保険のうちひとつを、どのようにして選べばいいでしょうか。ベストな火災保険の選び方を考えてみましょう。

ページ内目次

住まい方によって違う火災保険の入り方

火災保険は住まいのための保険ですから、住まいの状況によって変わってくるのは当然です。住まい方を大きく、賃貸の場合、戸建の持家の場合、分譲マンションの場合の3つに分けてみます。この3パターンでは、住まいに関して負っているリスクが異なります。

賃貸の場合

火災保険は住まいを「建物」と「家財」とに分けて考えます。賃貸アパート・マンションに住んでいる人は、建物は自分のものではないのですから、建物に対する保険はかけなくて構いません。もし火災があった場合も、建物は大家さんが建物にかけている火災保険で補償されます。

しかし、部屋の中の家財は、これは自分の持ち物ですから保険をかけておく必要があります。

また、自分が火事を出してしまった場合で、隣家に被害が及んでしまった場合、自分に大きな過失があれば賠償責任が生じますので、個人賠償責任保険を特約で用意する必要があるでしょう。過失がない場合は失火法によって賠償責任は問われないのですが、まったく無視するのも道義的・心情的には難しいでしょうから、類焼損害補償特約や、見舞金費用保険などを使用することになると思います。

そして過失の有無にかかわらず、賃貸の借り主は大家さんに対して責任を負います。借りた部屋をもとどおりにして返す責任(原状回復義務)があるのです。これに対しては借家人賠償責任保険(補償)という特約を用意しなければなりません。

戸建の持家の場合

自分の持家の場合、建物も自分のものなのですから、火災保険は建物に対しても必要、ということになります。

大家さんはいないので、大家さんに対する責任(借家人賠償責任保険)は必要ないものの、隣家に類焼が及んだときの賠償については賃貸の場合と同様です。

分譲マンションの場合

分譲マンションの場合は、基本は持家と同じです。

ただ、建物に対する保険は、マンション全部が自分のものではないのですから、占有部分に対してのみ、保険をかけるという形になります。共有部分はマンションの管理組合が保険をかけます。

分譲マンションの建物(占有部分)に保険をかけるときは、管理規約をよく確認しましょう。火災保険の保険金は建物の面積によって決まります。マンションの占有部分は、「上塗り基準」と「壁芯基準」があり、前者は、壁そのものは共有部分とし、壁の上塗りの部分とその内側のみが専有部分とする考え方、後者は、壁の内側の中心部分までを専有部分とする考え方です。どちらであるかによって、占有部分の面積が変わることはわかると思います。上塗り基準なのに、壁芯基準で計算された面積をもとに保険金額が設定してしまうと、壁の部分については、管理組合が共有部分にかけた保険とだぶってしまうことになりますね。火災保険では、重複して保険金は支払われないので、この場合、住人が壁の部分にかけている保険料はまったくムダということになってしまいます。

住まい方によって負っているリスクと、それに対して保険ではどう対処するかを整理したものが下の表です。

賃貸の場合 持家(戸建)の場合 分譲マンションの場合
自宅の建物に対して 火災保険(建物) 火災保険(建物)
※占有部分のみ
自宅の家財に対して 火災保険(家財) 火災保険(家財) 火災保険(家財)
隣家に対して
(自分に重過失がない)
類焼損害補償特約や、見舞金費用保険など 類焼損害補償特約や、見舞金費用保険など 類焼損害補償特約や、見舞金費用保険など
隣家に対して
(自分に重過失がある)
個人賠償責任保険(特約、または自動車保険等) 個人賠償責任保険(特約、または自動車保険等) 個人賠償責任保険(特約、または自動車保険等)
大家に対して 借家人賠償責任保険(特約)

補償内容はどれくらいが適切?

どんな保険でも、保険選びは、まず、必要な補償内容を吟味するところからはじまります。火災保険の補償内容を、順に検討していきましょう。

建物と家財、両方に保険は必要?

火災保険は建物と家財のどちらか、または両方にかけるものです。持家の場合で、建物と家財両方に入る場合と、建物のみの場合では、当然、前者の方が保険料は高くなります。それなら保険料を抑えるために、家財保険については入らない、という選択肢はないでしょうか。もちろん万一の場合、家財を調達しなおすのはすべて自費になってしまいます。そう考えると大きなリスクですが、逆を言えば、十分な貯蓄があるなら大丈夫という見方もできます。

家財保険は不要かも?と思う人は、「うちにはそんなに高価なものはないし」と考えるのでしょう。ですが、そういう場合、イメージしているのは主だった家具や家電だけではないでしょうか。火事によって失われる家電は家の中にあるものすべてです。家具はもちろん、こまごまとした生活で用いているすべての品をすべて最初から用意しなおすことを考えてみると、私たちは自分で思うより多くの家財に取り囲まれているのに気づくのではないでしょうか。

それに、家財保険は、なにも火災で焼失した場合だけの補償とは限りません。たとえばお子さんのいる家庭で、お子さんがうっかりぶつかって、液晶テレビがテレビ台から倒れて壊れてしまった……というような場合も、補償されます(※商品や契約内容によって補償されない場合もあります)。火災や自然災害はめったに起こることではありませんが、その程度のことなら日常的にありそうですよね。そう考えると、家財保険はムダではないように思えます。

ぴったりの補償の範囲は?

火災保険は火災にだけそなえるものではありません。火災以外のリスクについて、補償が本当に必要かどうかは、よく考えたほうがいいでしょう。たとえば高台に住んでいるひと、近くに海や川がないという人は水災の補償は必要ないのではないでしょうか。それなのに商品によっては水災の補償はあらかじめセットになっていてそれだけ外すということができないものもあります。対して、細かくカスタマイズできる商品も増えていますから、よりカスタマイズ性の高い商品を選んで、自分にぴったりの補償にしたほうが保険料を節約できるのです。

最近では、市町村がハザードマップという、自然災害が起こった場合の被害の予測を発表していることがあります。それを見れば、自分の住まいのある場所が、どんな自然災害の危険性がどのくらいあるのか一目瞭然です。火災保険の補償内容を考えるのに大変参考になりますので、住んでいる地域の役所のサイトなどを確かめてみて下さい。また、下記からも探すこともできます。

国土交通省 ハザードマップポータルサイト

http://disapotal.gsi.go.jp/index.html

また、補償の対象となるものの定義をよく理解しておくことも大切です。物体が「飛来・落下」したことによる損害を補償するという場合でも、「台風の日に、大風で看板が飛んできて窓ガラスが割れた」という損害は、「飛来」では補償されません。この場合は台風が原因であるために「風災」の補償範囲なのです。この例では「飛来」の補償をつけていても「風災」をつけていなかったら保険金は支払われないことになります。

賠償責任保険について

自宅の建物や家財の補償は、損害額に応じてもらえる保険金は決まっています。問題は、隣家などに迷惑をかけてしまった場合。特にこちらに過失があって損害賠償請求を受けたときなど、どれくらいの賠償額を請求されるかはわかりません。ですから、もしものときの個人賠償責任保険は重要です。損害賠償を請求されたときのリスクを考えると、個人賠償責任保険はあったほうがいいでしょう。そのとき、どれくらいまでの賠償額に対応できるかは要チェックです。なにせ他人からの賠償請求はいくらになるか読めないので、ミニ保険(少額短期保険)など補償額の上限が低いものだと心配です。ただし、自動車保険などですでに用意されている場合は不要です。

保険料は保険会社によってどのくらい差があるのか?

ここまで火災保険のいろいろなポイントについて考えてきましたが、やはり、いちばん気になるのは、ズバリ、保険料はいくらくらいなのかということ。住まいはひとつひとつ状況が違いますから、実際の保険料は見積もりをとってみないとわかりません。ただ、いざ、見積もりをしてみようとすると、意外と簡単ではないことがわかります。

というのも、火災保険を含む損害保険は、原則として保険代理店を通して加入するしくみになっているため、保険を販売している保険会社に問い合わせても見積もりなどができないことが多いのです。損害保険でも、最近は、自動車保険などは保険会社がダイレクトに見積もりから加入手続きまでを扱うことが普通になっています。しかし火災保険はまだそのような流れになっていないようです。

それでも、いくらかは、Webサイトでシミュレーションを提供してくれていたり、個別に問い合わせれば概算の見積をくれる保険会社もあります。同じ条件の戸建住宅について、7社の保険会社で見積もりをとってみたところ以下のようになりました。

日新火災海上 30,688円
AIU保険 31,620円
セゾン自動車火災 32,500円
あいおいニッセイ同和 38,310円
セコム損保 38,590円
損保ジャパン 46,210円
エース保険 48,180円

木造・延床面積74平米の戸建に対して、建物・家財両方を補償する(地震保険含まない)という場合で、1年あたりの保険料を出したものが上記です。同じ条件を伝えましたが、微妙に提案内容や商品の仕様が異なりますので厳密にすべて同じ補償内容ではありません。

もっとも安いところと高いところの差は1万8000円。2万円弱は大きいと言えば大きいですが、自動車保険などは10万円以上の差が出ることもあります。それを思えば、筆者としては、あまり大きな差ではないな、という印象です。

述べたように見積もりをとるのも多少、面倒ですので、これなら、まずサービス内容などを比較して絞り込んでから、1~2社見積もりをとってみるだけでいいように思います。

付帯サービスと割引制度

ほかに、火災保険を選ぶときに注目すべき点として、付帯サービスと、割引があります。

付帯サービス

自動車保険に加入すると、ロードサービスが付帯されていますね。火災保険では、水まわりのトラブル対応や、カギ開けサービスが付帯されていることがあります。トイレがつまって困ったとき、カギをなくしてしまって自宅から締め出されたときなど、サービス付帯の火災保険に加入していたら、専用のサービスダイヤルなどに連絡すれば業者を派遣してもらえるのです。

自動車保険のロードサービス付帯が基本的に必須なのに対して、火災保険の場合、そうしたサービスが付帯している場合とそうでない場合があります。同じ保険料なら、サービスが付帯されているほうがお得ですので、サービス内容の詳細をよく調べたうえで、保険料とともに比較してみて下さい。

割引制度

住まいの状況などにより、保険料が割り引いてもらえる場合があります。

代表的なものは、オール電化住宅の場合の割引です。オール電化の家はガスを使わないぶん火災のリスクが少ないため、保険料が割り引かれます。同様に、耐火性能が高い住宅の場合や、ホームセキュリティを施していて盗難リスクが少ない住まいなどは、割引があるという場合も。あとは、長期契約の場合、割引があります。

割引の有無だけで決めるのはおかしい話ですが、同じ補償内容であれば、少しでも適用される割引があるほうがいいのは間違いありません。ただし、割引が適用されるかどうかは、事前によく条件や定義を確認しておくようにして下さい。

まとめ

ここまでの検証・考察をまとめると、次のようなことが言えると思います。

・建物と家財は両方保険に入ったほうがいい。

・補償の範囲は人(住まいの立地など)によって変わるが、ぴったりのものにするためにもカスタマイズ性の高い保険商品がベター。

・賠償責任保険はつけたほうがいい(オプションとしてはすべての商品にある)。

・積立型はあまりオススメできない。

・保険料の差はそんなに大きくないので、付帯サービスや割引制度などに注目。

以上を踏まえて、各社の保険商品を比較してみたのが下の表です。

保険会社 カスタマイズ性 付帯サービス 割引制度 ネットで見積
あいおいニッセイ同和 × ×
朝日火災 × ×
AIU保険 × ×
エース保険 × ×
共栄火災 × ×
セコム損保 ×
セゾン自動車火災 × ×
損保ジャパン ×
東京海上日動 × × ×
日新火災海上 × ×
日本興亜損保 × × ×
富士火災 × ×
三井住友海上 × ×

カスタマイズ性は独自の評価です。詳細は個別レビューページを確認して下さい。

付帯サービスについては、プランにかかわりなく付帯されるものを「○」、プランによっては付帯されない場合があるときは「△」、付帯サービスがないものは「×」としました。

割引制度は、契約期間を長期にしたときの割引はどの商品にもあるので、それは評価せず、それ以外に特に割引制度が設けられているものを「○」としました。

もうひとつのポイントとして、ネットで見積もりがとれるかどうかもチェックしてみました。

以上を比べてみると、いずれも一長一短な印象です。

補償内容にこだわりたい場合はカスタマイズ性を重視すべきなので、その意味では、AIU保険、セゾン自動車火災、日新火災海上が優れています。付帯サービスのある日新火災海上、割引制度が用意されているぶんAIU保険が一歩リードというところでしょうか。割引は条件にあてはまらない場合は意味がないので、必ずしもメリットにならないことがあることを思えば、付帯サービスのある日新火災が輝きます。

また、「補償は最低限でいい」「一般的なカバー範囲で」など、補償内容に特別なこだわりのない場合は、付帯サービスなどに目を向けるべきでしょう。カスタマイズ性の高い保険会社で、付帯サービスがついているのは日新火災海上だけです。カスタマイズ性でなくても比較的プラン選択に融通の利くものの中から選ぶなら、あいおいニッセイ同和、朝日火災、富士火災、三井住友海上あたりです。

しかしながら、火災保険は、自動車保険のように気軽に見積もりできないのはすでに述べたとおり。ですが、できればそうした手続きも簡単にできるところのほうがいいですよね。それで言うとセコム損保、セゾン自動車火災、損保ジャパンはネットでシミュレーションができて便利です。この点を加味しますと、補償内容のカスタマイズ性を重視する場合はセゾン自動車火災。付帯サービスのほうを重視したい場合は損保ジャパン。このあたりは、資料請求や見積もりだけでも行ってみるのがいいのではないでしょうか。

以上を総合的に見てみると、全般的に評価できるのはAIU保険、セコム損保、セゾン自動車火災、損保ジャパン、日新火災海上です。中でも、カスタマイズ性と利便性を両立した点でセゾン自動車火災がオススメできると思います。
また、実際にFPや保険代理店が、火災保険についてどう評価したか、火災保険人気ランキング2016|FP&保険代理店が本音で評価!こちらのページが参考になります。

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>