モバイルルーターとは?メリットとデメリットをおさらい

モバイルルーターとは、携帯電話の3G回線や無線LANのネットワークを中継することができる小型の端末です。簡単に言うと、モバイルルーターを購入して、ドコモやイーモバイルなどの通信会社と契約すれば、iPhone、PSP、ノートパソコンなどの無線LAN対応機器を、どこにいてもインターネット接続できるというものです。インターネット環境を屋外でも構築できる機器とも言えます。

モバイルルーターと言われる由縁でもありますが、持ち運びには苦労しません。はじめて見た時は「思ったより小さいな・・!」と私は感じました。

重さは平均100g位で、サイズはスマートフォンよりも一回り小さいものがほとんどです。

モバイルルーターを、ポケットwifiルーターと呼ぶ機種もありますが、まさにポケットにすっぽりと入る大きさです。

モバイルルーターを所有するには、通信会社に支払う金額が月額5,000円程度と、モバイルルーターの端末費用が、初期に0円~30,000円程度かかります。通信会社によって月額費用は結構違うので、ルーターの端末選びと同時に通信会社選びも重要になってきます。(通信会社選びについては、次のランキング・評価ページで詳細に解説しています。)

対応エリアと速度について

先ほど、「どこにいてもインターネット接続できる」といいましたが、これは、「通信会社が対応しているエリアに限り」という条件がつきます。通信会社によって、山奥や地方などで接続できないところもあります。これは携帯電話の「この会社は田舎では電波が悪くて、つながりにくい」という問題と同じです。

また、回線の速度も、通信会社によって異なります。

ご自宅で、光ファイバーによるネット接続をしている方は、モバイルルーターの無線LAN通信を遅いと感じる方もいるかもしれません。実際に出る速度は、1Mbps~10Mbpsで、しかも電波が悪いところでは、もっと遅くなります。通信会社のHPなどに掲載している40Mbpsなどの数字は、あくまで「理論上の最大値」であって、ぶっちゃ実際にその速度が出ることはまずありません。

参考:筆者自宅の光回線と各モバイルルーターでスピードテストを実施した際に出た速度の平均

回線種類 受信速度
筆者自宅の光回線 20Mbps程度
ドコモFOMA 1~3Mbps
ドコモXi 5~8Mbps
イーモバイルG4 3~6Mbps
Wimax 5~10Mbps

※自宅の光回線は無線LAN

上記の表を見てもらうとわかりますが、もちろんWimaxなどの高速モバイル通信サービスは、対応エリア内で調子の良い時は10Mbps以上出るので、自宅の光回線に近い速度は出ていると言えますが、時間帯や場所によって遅くなったりしますので、回線の安定性という意味ではやはり劣ります。

このような実際の回線速度を保証しない通信サービスをベスト・エフォート型のサービスと呼びます。「最大限努力はするけど、つながらなかったらごめんね」ということですが、高速モバイル通信サービスは基本的に全てベスト・エフォート型のサービスなので、最大値の回線速度というのは、あくまで参考程度にした方が良いでしょう。

まとめると、日本中どのエリアでもご自宅の光接続通信のように大容量ファイルをさくさくと閲覧・ダウンロードできる環境にする事は、現在のモバイルルーターによる無線通信ではまだできません。その点は、申し込み前にきちんと理解しておく必要があります。

データ通信カード型端末とは何が違う?

パソコンに接続して、外出先でも回線につなぐデーター通信端末(カード型のものなど)との違いは、一度に複数台の端末と接続することができる点。

例えば、屋内にモバイルルーターをおいておけば、ノートパソコンをネット接続しながら、ipadやPSPなどの無線LAN対応端末も同時に接続できます。

今まで、自宅のデスクトップパソコンは有線LANでインターネットに接続し、持ち歩き用のノートパソコンにはデータ通信端末を使って外でのネット接続をしていたという人も、両方のマシンをモバイルルーターでネット接続することで、インターネット環境を自宅でも外でも一本化することは可能です。

公衆無線LANとは何が違う?

公衆無線LANは、パソコンに無線LANに接続できる機能さえあれば機器を購入する必要はありませんが(最近のパソコンにはたいてい、標準で組み込まれています)、公衆無線LAN提供者への申し込みは必要です。

最大の違いは、公衆無線LANが提供されている特定のスポットでしか利用できないこと。モバイルルータを使った接続は、携帯電話と同様で、つながらない地域もあるものの、公衆無線LANのスポットに比べれば圧倒的に広範囲に提供されています。移動する車中などでも利用できる点で、公衆無線LANより優れています。

スポンサードリンク

管理人のおすすめピックアップ
初期費用0円で、Wimaxを始めるならば、BIGLOBE WiMAXがおすすめ。AtermWM3600R・URoad-SS10などのデーター端末が無料でもらえ、初期費用0円でWimaxを開始することができます。9月30日まで最大20.000円キャッシュバック中。

Comments