TOPより深く学ぶ > 海外でネット接続(モバイルデーター通信)をするには?3つの方法を比較

海外でネット接続(モバイルデーター通信)をするには?3つの方法を比較

モバイルルータがあればどこででもパソコンなどをインターネットに接続できます。どこでも……と言っても、正確には契約した通信会社の電波が届いている場所なら、ということになります。当然、海外になると、つながらないということに。

しかし、海外出張のときもモバイルルータでネットに接続できれば便利ですよね。モバイルルータを海外で使用する方法を紹介します。

ローミングサービスを利用する

最近、自分の携帯電話をそのまま海外に持って行って使えるサービスがあるのをご存知の方も多いでしょう。いわゆる海外ローミングサービスです。ローミングとは、通信会社が、ユーザーの端末が海外など自社のエリア外にあっても、そのエリアで提携する通信会社に接続できるようにすることで、ユーザーが自社エリア外でも端末を使用できるようになるというサービス。

モバイルルータについても同じ理屈で、ローミングサービスを利用でして海外で使用することが可能です。

ただし、ネックになってくるのは料金。海外での利用は、海外の通信事業者の回線利用料がかかり、契約している日本の通信事業者を通じて請求されることになります。日本の通信事業者は、海外の事業者に自分たちのユーザーにも回線を使わせてもらっているということで提携費用などを支払っているわけですから、そういったものも上乗せされ、高額な料金になってしまうのです。

ドコモ、ソフトバンク、イーモバイルの、データ通信のローミングサービス料金をまとめました。

通信会社 通信料金 上限額
ドコモ 1パケット(0.128KB)あたり0.2円 20万パケットまで1日あたり1,980円20万パケット以降1日あたり2,980円
ソフトバンク 1KBあたり2円
イーモバイル 25KBまで50円、25KB超過1KBごとに2円※ただし国よって異なる場合あり 50,000円(月の利用料金が50,000円に達すると海外ローミングが停止される)

データ通信のローミングサービスは1KBあたり2円というのが相場のようです。「Yahoo Japan!」のトップページがおよそ200KBなので、そのページを開くだけで400円です!

ドコモでは一定以上は定額制としていますが、それでも1日あたり3000円程度の料金がかかってしまいます。ローミングサービスは、短期滞在の場合のみ利用するというのが現実的な選択でしょう。

なお、AUは携帯電話の音声通話のみでデータ通信のローミングサービスは行っていないようです。UQ WiMAXもパソコンからの通信のみで海外接続サービスを行っています。日本通信は端末がSIMフリーですので、次に解説する海外SIMを用いた接続を利用することになります。

海外のSIMカードを利用する

そこで、海外での長期滞在の場合、海外の通信会社の回線を使用できるSIMカードを端末に挿入し、海外では海外の事業者を使うという方法があります。日本通信などのSIMフリー端末ではそういったことが可能です。日本で日本通信のモバイルルータを購入した際は、たとえばドコモのSIMカードを買って、端末に挿入したと思います。それを海外の事業者のものにすればよいわけですね。

海外の事業者を使うといっても、一時的なものですから、契約などではなく、プリペイドのSIMカードを購入すればOKです。もちろん現地で購入してもよいのですが、事前に、日本で通販で買うこともできます。ただし、プリペイドのSIMカードには有効期限がある場合がほとんどなので注意して下さい。

海外SIMカードの料金ですが、2週間~1ヶ月ほど使えるもので、3,000円~7,000円といったところのようです(上限1GBまでなど、通信できるデータ量に制限がある場合があります)。

カード購入後、現地でポイントを買い、それを消費して使用する「リチャージ」という手順が必用な場合もあります。若干、ハードルが高いですが、クレジットカードを使ってインターネットでリチャージしておけるものがほとんどです。また、海外SIMを日本で販売している会社がリチャージを代行してくれるところもあるようです。

なお、カードを入れ換えただけでは使えず、挿入後にパソコンからルータの設定を変える必要があります。
ローミングサービスを利用するよりは、海外SIMを利用したほうが安価に済むことは違いないと思われますが、購入や設定の手間がある点、注意が必要です。

海外SIM+ルータをレンタルする

もっとも手軽な方法として、海外のSIMカードが挿入され、設定なども終えてすぐ使える状態のルータそのものをレンタルするという手があります。

グルーバルデータの「MiFi」(http://www.globaldata.jp/)は、レンタル料・通信料込みで、1日あたり1500円程度という料金体系。事前に申し込んで、自宅に送ってもらうほか、出発前に空港で受け取ることもできます。

滞在日数が短く、海外SIMを購入・リチャージするのに英語などの自信がない場合は、こうしたサービスを利用するのも有りです。

スポンサードリンク

管理人のおすすめピックアップ
初期費用0円で、Wimaxを始めるならば、BIGLOBE WiMAXがおすすめ。AtermWM3600R・URoad-SS10などのデーター端末が無料でもらえ、初期費用0円でWimaxを開始することができます。9月30日まで最大20.000円キャッシュバック中。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>