TOPモバイルルーター各機種の個別レビュー > GP01

イーモバイルGP01を使ってみました。

【1】開封し、端末にSIMカードを挿入

GP01

イーモバイルGP01の箱の中身がこちら。

付属品はACアダプタとUSBケーブルが長短各1、SIMカード、説明書類。説明書といっても、接続までをサポートする簡単なガイドです。

このガイドによると、詳細な取扱説明書は本体内部にPDFファイルとして保存されているとのこと。

GP01
内容物に不足がないことを確かめたら、まずはSIMカードの挿入からです。

GP01まず土台からカードを切り離します。

GP01
モバイルルータの背面のカバーを取り外します。
カバーはロックされているので力任せには取り外してはいけません。
上部のカバーロック解除ボタンを押して下さい。

GP01
開きました。

GP01
バッテリーも外します。
筆者はバッテリーの取り外しにやや苦労しました。思ったよりは簡単に外れず、爪が短いとうまく力が入らなくて、すぐには外せませんでした。
そんなに頻繁に着脱するものではありませんが……。

GP01
SIMカードを挿入。
挿入部の形に合うように入れれば向きを間違うことはありません。滑らせるようにして挿入していきます。

GP01
挿入できました。
あとはバッテリーとカバーを戻せばOKです。

【2】無線LANでパソコンに接続する

ではパソコンと接続してみましょう。ただし、機器が充電されている必要があります。

GP01
充電が完了していれば側面の電源ボタンを5秒間、長押しします。
表面にイーモバイルのロゴが出れば起動したしるしです。
その後、表示された画面にWiFiのマークが出ていれば無線LAN接続の準備ができています。

GP01

それでは接続してみます。以下はWindows XPの場合の手順です。

スタート→マイネットワーク→左側のタスクメニューから「ネットワーク接続を表示する」をクリックします。次に「ワイレヤスネットワーク接続」をダブルクリックします。

GP01

近くにあるワイヤレスネットワークが表示されます。

この中から「GP01 ******」となっているものを探します(*****の部分は個々のルータによって違います)。

見つからない場合、左側のネットワークのタスクの中の「ネットワークの一覧を最新の情報に更新」をクリックしてみて下さい。

ルーターの画面にWiFiマークが出ているのに見つからない場合はなんらかのトラブルの可能性があります。サポートセンターに相談してみて下さい。

GP01

「GP01 ******」をダブルクリックすると接続を開始します。

GP01

最初に接続したときはセキュリティキーの入力が必要です。

GP01
GP01セキュリティキーとして入力するWEPキーは、同封のシールに印刷されているほか、本体内部にも記されています。

GP01
WEPキーを正しく入力すると……接続が開始されました!

【3】インターネットに接続してみる

といっても、無線LANでルータとパソコンがつながったら、すでにネットには接続できる状態です。ブラウザを立ち上げてみましょう。

通信のスピードは?

さっそく、スピードテストをしてみました。
テストはこちらのサイト http://speed.rbbtoday.com/ を利用させていただきました。
結果は次のとおりです。

下り: 1.66Mbps
上り: 1.14Mbps
(計測日時 : 2011年5月25日16時頃)

総評

接続は簡単です。同封のセットアップマニュアルは簡単なものですが、手順がわかりやすく図解されているので、迷うことはないと思います。

一点、気になったのは、今回、最初に接続するにあたって、充電が必要だったのですが、充電しながらだと起動できなかったことです。少しでも充電されていればよかったのかもしれませんが、まったくの未充電では、電源に接続して給電されていても起動しない模様。

ですので、買ってきて箱を開けてすぐ!というわけにはいきませんので注意して下さい。ただ、マニュアルには充電に3時間程度を要するとありましたが(ACアダプタの場合)、それよりも早めの2時間程度で完了しました。

スポンサードリンク

管理人のおすすめピックアップ
初期費用0円で、Wimaxを始めるならば、BIGLOBE WiMAXがおすすめ。AtermWM3600R・URoad-SS10などのデーター端末が無料でもらえ、初期費用0円でWimaxを開始することができます。9月30日まで最大20.000円キャッシュバック中。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>