TOPモバイルルーター各機種の個別レビュー > MF30

b-mobile WiFi MF30をb-mobile SIM U300で使ってみました。

【1】開封し、端末にSIMカードを挿入

MF30

b-mobile WiFi MF30の箱の中身がこちら。

付属品はACアダプタとUSBケーブル、説明書だけ。説明書を開いてみてもかなりシンプルです。

説明書を読んでも、とりあえずSIMカードを挿し込めばつながる、くらいのおおざっぱな表記で、若干、不安になるのですが、きっとそれだけ簡単につながるのだろうと期待しつつ、先へ進みます。

この端末はSIMフリー端末です。
モバイルルータは携帯電話のように、ドコモならドコモ、ソフトバンクならソフトバンクで接続するために専用の機器を購入するのが一般的です。

b-mobileのルータは、接続する通信会社はどこでもよいとしている機器です(といっても、現状では、いくつかの選択肢に限られてきますが)。そのため、対応する通信会社のSIMカードが必要です。
今回はドコモの回線で接続できるようになるSIMカード「b-mobil SIM U300」を購入しました。

MF30

※b-mobile SIM U300とは?
このカードを挿入したSIMフリー端末では、ドコモのFOMAネットワークに接続できるようになります。

通信費はカードの代金に含まれているため、カードを購入したあとは、そのカードが有効な間は追加の料金などはかからず回線を利用できます。カードの有効期間は1年間・6か月・1か月のものが販売されています。購入にあたって、面倒な契約や手続きは必要ありません。

MF30では、SIMカードを端末に挿入しましょう。まず土台からカードを切り離します。

MF30
モバイルルータの背面のカバーを取り外して……

MF30バッテリーも外します。

MF30
SIMカードを挿入。
挿入部の形に合うように入れれば向きを間違うことはありません。

バッテリーとカバーを戻せばOKです。

【2】開通手続き

次に、開通手続きを行います。
これは、最初に使用する前に、一度だけ行わなければならない手続きです。SIMカードは購入するだけで、特に契約のようなものを行わないので、かわりにこの手続きが必要なようです。

開通手続きが必要なことはSIMカードの説明書には書いてあったのですが、ルータの説明書のほうには書かれていなかったこともあり、実は筆者は開通手続きをする前に接続をしてしまいました。
そのせいで多少、手間取ってしまいました(詳しくはあとで解説します)。

MF30
開通手続き自体は簡単です。携帯電話から、b-mobileの開通手続き専用の番号に電話をかけ、音声ガイダンスに従ってSIMカードの番号を入力すればOK。

カードの番号はSIMカードの説明書(パッケージ)のほうに書いてあります。

開通手続き後、5分ほど経てば使用可能になります。この手続きは購入後、最初の1回だけです。

【3】無線LANでパソコンに接続する

MF30 接続するには、まず側面の電源ボタンを5秒間、長押しします。

表面に4つあるLEDのうち、上の3つが緑色に点灯、その後、下のLEDが青く点灯します。青いLEDが点滅していれば、無線LANの電波が出ている状態になったということです。

筆者の端末はいちど、いつまで待っても青いLEDがつかないことがあったのですが、サポートセンターで、電源を入れ直すようアドバイスを受け、試してみると改善しました。

電源を入れてから青いLEDが点灯するまではおよそ1分とのことですが、実際にはもっと早く点灯するようです。
環境によると思われますが、すぐに接続可能状態になるということですね。

それでは接続してみます。以下はWindows XPの場合の手順です。

MF30スタート→マイネットワーク→左側のタスクメニューから「ネットワーク接続を表示する」をクリックします。

「ワイレヤスネットワーク接続」をダブルクリックします。

MF30近くにあるワイヤレスネットワークが表示されます。

この中から「b-mobile WiFi ******」となっているものを探します(*****の部分は個々のルータによって違います)。

見つからない場合、左側のネットワークのタスクの中の「ネットワークの一覧を最新の情報に更新」をクリックしてみて下さい。

ルーターの青いLEDが点滅しているのに見つからない場合はなんらかのトラブルの可能性があります。サポートセンターに相談してみて下さい。

MF30「b-mobile WiFi ******」をダブルクリックすると接続を開始します。

MF30
接続が開始されました!

【3】インターネットに接続してみる

といっても、無線LANでルータとパソコンがつながったら、すでにネットには接続できる状態です。ブラウザを立ち上げてみましょう。

通信のスピードは?

さっそく、スピードテストをしてみました。
テストはこちらのサイト http://speed.rbbtoday.com/ を利用させていただきました。
結果は次のとおりです。

下り: 182kbps
上り: 50kbps
(計測日時 : 2011年5月18日17時頃)
ブラウジングしてみての体感も、やはり速いとは言えない感じです。

あれ、つながらない?(開通手続き前に接続してしまいました…)

【2】開通手続きをしてから【3】無線LANでパソコンに接続するのが正しい手順です。ですが、もし、開通手続きを終えずに無線LAN接続をしても実はルータとパソコンの接続は問題なく行えます。

MF30 ただし、その場合、【4】インターネットに接続することはできず、ブラウザを立ち上げてネットに繋ごうとすると左記の画面が表示されます。

その後、開通手続きを促すb-mobileのサイトへリダイレクトされました。(つまり、正確には、ネットにも接続できているけれど、自由にネットサーフィンはできない状態になっているということです)
筆者も説明を読み落として、開通手続きをせずにネットにつなげてしまったため、この状態になりました。

その後、案内に従って携帯電話で手続きをしたのですが、筆者の場合、手続き後にいくら待っても接続できない状態に……(上記の開通手続き前の画面になってしまいます)。

サポートセンターに連絡してみたところ、手続きが済んでいないという履歴が残り続けているのではないかということで、ルータの電源を入れ直すようアドバイスされました。

指示通りにやってみると改善して、つながるようになりました。このトラブルは常に発生するというものでもないようですが、同じ状況の方は、試してみて下さい。

総評

接続は簡単にできるのですが、説明書やサイトの解説などはやや不親切なものだと思いました。
まったくのビギナーの人は、以下のような間違えやすいポイントがあります。

・開通手続きを始めにすること。間違えて先にルータの接続をしてしまうと上記のような問題が発生することも。開通手続きのことはルータの説明書には書かれていませんでした。

・開通手続きに使用する電話番号はSIMのパッケージに記載されていること。しくみをよく理解してればこれは当然ですが、b-mobileのサイトには「bモバイルのパッケージに印字されている」とだけあるので、ルータのほうのパッケージを見てしまう人がいると思います。ルータのパッケージには当然ながら書かれていません。

サポートセンターの対応について、オペレータの方は丁寧な対応でしたが、最初に音声ガイダンスがあるので、オペレータの人の話せるようになるまでワンクッションがあります。音声ガイダンス特有の問い合わせたい要件を選択するところが、まったくの初心者だとやや高いハードルではないでしょうか。あと、サポートセンターがフリーダイヤルでないのもちょっと……という感じです。

スピードについては、速くはないので、ヘビーな作業には向いていません。ですが、面倒な契約をせずに、SIMを購入するだけという手軽さはとても便利だと言えるでしょう。

スポンサードリンク

管理人のおすすめピックアップ
初期費用0円で、Wimaxを始めるならば、BIGLOBE WiMAXがおすすめ。AtermWM3600R・URoad-SS10などのデーター端末が無料でもらえ、初期費用0円でWimaxを開始することができます。9月30日まで最大20.000円キャッシュバック中。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>