TOPより深く学ぶ > 太陽光発電の寿命~設置後のメンテナンス費用は?~

太陽光発電の寿命~設置後のメンテナンス費用は?~

太陽光発電システムは高価なだけに、どのくらい寿命があるかは大きな関心事です。また一般消費材と異なり、売電で稼いでくれますから、寿命が10年か20年かでは収入が倍違うことになるのです。ここではその太陽電池の寿命やメンテナンス費用などについて見ていきましょう。

太陽光発電はホントにメンテナンスフリーなの?

太陽光発電システムを「メンテナンスフリー」として宣伝して販売しているところも少なくありません。このメンテナンスの意味をどう捉えるかにもよると思いますが、やはり電気製品であるだけに故障は無縁のものではなく、長寿命にしていくためにもメンテナンスは必須です。
ではクルマのエンジンオイルを交換したり、タイヤの空気圧をチェックするように物理的なメンテナンスが頻繁に必要なのかというとそうでもないので安心してください。そう屋根に登ってパネルを磨くといったことは不要です。いや、それは危険なことなので絶対にしないでください。確かに屋根にホコリは付着しますが、雨によってきれいに流されるからです。
では、どんなメンテナンスが必要なのでしょうか?それは単に日々の発電量、月々の発電量をしっかりとチェックすることです。いつも発電量を気にしていれば、「こんなに天気がいいのに、これしか発電していないのはおかしい」とすぐに気づくからです。記録自体は最近のモニターが自動的に行ってくれるので、その結果を気にかけておけばいいだけなのです。
メーカーによってはインターネット経由で発電量をメーカー側がチェックしてくれる機構を設けているところも登場していますので、そうしたものは利用しつつも、やはり自ら確認し、不具合の兆候がないか、よく見ておく必要があるのです。

パワコンは10~15年で交換するもの

では太陽光発電システムの寿命はどのくらいあるのでしょうか?実はこれにハッキリした答えがまだないのが実情です。基本的にメーカーは太陽電池パネルは20年以上と言っており、もしかしたら30年さらには50年持つかもしれません。ただし、さまざまな電子回路が入っているパワコンはそこまで持ちません。一般的には10~15年が寿命と言われており、交換が必要になります。各メーカーのパワコンの定価を見ると3kW程度のものが20~40万円。メーカーによっては既存顧客には安く出すと言っているので、システム価格全体に比較すると比較的安く交換できそうです。
なお、各メーカーともに10年以上の保証期間を設けている点も見逃せません。つまり10年未満で故障した場合には無償での修理となるのです。中には25年保証というメーカーもあるので、その保証内容もよくチェックしておきましょう。ただし、この10年保証は「メーカーが認定した設置業者が施工したこと」といった条件を大半のメーカーがつけているので、設置業者を選ぶ場合にはこの点もよく確認することが重要です。

このページの先頭へ

Comments

コメントは受け付けていません。