失敗しないための設置業者選択術

実際に太陽光発電システムを取り付けよう、ということになったとき直接の窓口であり、購入先になるのが設置業者です。一言で設置業者といってもいろいろなタイプがあり、同じモノを買っても価格は必ずしも同じではありません。高価なシステムであり、長年付き合っていくものだけに設置業者選びは慎重に行う必要があります。

どこで買えばいいのか分かりにくい太陽光発電

パソコンなら電気店、クルマなら自動車ディーラー、ピアノなら楽器店……何がどこに売っているかは普通簡単に頭に浮かびますが、太陽光発電システムはどこで売っているのでしょうか?直感的には電気店に行けばありそうですが、これが普通には売っていないのです。確かに最近は大手量販店でも少しずつ扱うようになってきましたが、それでも店頭に行って「これください」というわけにはいかないのです。

太陽光発電システムの場合、基本的に「販売店=設置業者」という構造になっており、その設置業者のタイプもさまざまです。もともと電気工事を行っていた会社、屋根専門の工事会社、工務店、新規参入の会社……。どこに頼んでも基本的には同じように太陽電池パネルを設置し、各種電気工事を行うことになりますが、ほとんどはショールームなどは持たず、営業と工事という業務を行っているだけなので、分かりにくいというのが正直なところです。

シャープや京セラ、三菱電機、パナソニック……といったメーカーに問い合わせると、設置業者を紹介してくれますが、直営店があるわけではありません。単純に住所を元に近いところを紹介されるだけなので、必ずしもそこがベストともいえない状況なのです。

その一方、訪問販売も増えています。訪問販売自体、悪いものではないし、もともと太陽光発電は訪問販売で広がってきただけに、日本の太陽光発電普及の担い手でもあるわけですが、最近、詐欺的な業者が増えていてトラブルも急増しています。

提案内容によって価格は大きく変わってくる

でも、なぜそんな問題が起こるのでしょうか?ここまでも見てきたとおり、太陽光発電システムは、さまざまな機材を組み合わせた上で工事まで行い、すべてトータルで価格が決まってくるものなのだからです。そのため、相場が分かりにくく、同じ家に設置するにしても、どんなシステムにするかで価格も大きく差が出てくるからです。

とくに話を複雑化させるのが太陽光発電システムとオール電化のセット販売です。震災以降オール電化は下火になってきているようですが、セットで購入してくれたら値引きをする、という業者が非常に多く、これがトラブルの元にもなっているのです。もちろん、オール電化の良さというのもいろいろありますし、セットにするから出るメリットもあります。しかし基本的に太陽光発電とはまったく別モノ。ここはできる限り切り分けて考えるようにしてください。

では、太陽光発電システムだけを見ても、本当に大きな差が出るのでしょうか?これはどのメーカーのどの太陽電池パネルを載せるかによってかなりの違いが出てきます。変換効率のいいパネルを使うと、小さな屋根にも大容量を載せることが可能になる反面、当然価格は高くなります。また寄棟屋根の場合などは、三角形状のパネルなどを活用すると多くの太陽電池パネルを載せられる反面、やや割高になるといった具合です。

どれがいい、という話ではなく、どうしたいかがポイント。実際の出力が何kWになり、そのシステムがいくらなのか、という2つの点を元にして、いろいろと検討してみてください。

複数者の提案をじっくりと比べて決めよう

このように、さまざまなパターンが考えられるだけに、導入する場合には、必ず複数社と話をして、相見積もりを取るということが重要です。前述のとおり、出力と価格に着目して比較していくと、難しそうな太陽光発電のシステムもなんとなく違いや相場も見えてくるはずです。たとえばA社は3kWのシステムを提案してきており、それ以上載せるのは難しいといってきている一方、B社は4kW載せられるけど価格は100万円高い……などというケースが出てくるはずです。この場合、なぜ両社で違いがあるのかを自分でチェックするとともに、A社に対して「B社はこう言っている」、反対にB社には「A社はこう言っている」と聞くと、そこに対する意見や反論が出てくるはずです。その内容を聞くと、理由もハッキリ分かってくるし、自分の知識も高まってきます。
一番マズイのは、複数社を競り合わせるようで申し訳ない……と遠慮してしまうこと。最初からいい業者に出会えればいいのですが、問題あるところも少なくないので、必ずよく比較検討するようにしてください。

現場を見ずに最終見積もりを出す業者は論外

最近はネットで見積もりを取れるというケースも増えてきて、なかなか便利になってきています。とくに複数社の見積もりを同時に取ることができ、しかも各業者は個人情報も渡らずに比較できるところが多いため、安心です。

このネット見積もりによって、だいたいの目安はつけることができますが、あくまでも目安であって、最終決定ではないという点は肝に銘じてください。なぜなら、最終的なシステム設計、見積もり価格は、現場を見ないことには絶対にできないからです。

実際に現場を見ると、電柱や電線、木があって小さな影ができる、南面だと思っていたが、正確には南東なので思っていた状況と違う……といったことはよくある話。これによって設計内容も大きく変わってくるとともに、価格にも違いが出てきます。逆に、ここで現地をしっかり見てもらわないと、正しい設計ができず、思ったとおりの発電ができなくなってしまうという大きなトラブルにつながるのです。
中には、現場も見ずに最終見積もりを出し、「今日決めてくれれば、さらに割引をする」などといって結論を急がせるところもありますが、そうした業者は論外。設置業者とは設置後もメンテナンスなどで長い付き合いになるので、ぜひ慎重に選んでください。

Comments

Comments